1. 自宅でゆっくり試したい方はこちら
  2. 店舗で無料試着を希望の方はこちら

医療用ウィッグを利用する期間は、
1年半〜2年という事をご存知ですか?

医療用ウィッグを使用する期間について

抗がん剤の種類や量にもよりますが、投与開始から、おおよそ2週間前後で脱毛し、投与終了の2ヶ月後から、再び毛が生え始めると言われています。
この時、注目しておきたいのが髪の毛の伸びるスピード。
おおよそ1ヶ月に1cmのペースで伸びるとすると、標準的な抗がん剤治療の場合には、髪が抜けはじめてから1年後の時点でやっと5cmくらい伸びた程度です。
女性の場合には、ショートヘアでも最低14〜5cmの長さは欲しい方が多いため、医療用ウィッグとは約1年半〜2年間の付き合いになります。

女性

つまり

価格だけでなく着け心地が良いものを選ぶことが大切です。

医療用ウィッグが傷む3つの原因

自毛と見分けがつかないほど自然でヘアアレンジも自由自在の医療用ウィッグは、病気治療の最中などでも女性としての自信を失わず、おしゃれも思い切り楽しめる便利なアイテムとして重宝されています。
しかし、そんな便利な医療用ウィッグも使い方によっては傷みや劣化が現れやすくなってしまうことがあります。
大切なウィッグを少しでも長持ちさせるために、どのようなことに気を付ければいいのでしょうか? ウィッグが傷んでしまう原因を3つご紹介します。

原因1:洗浄力の強いシャンプーを使う

医療用ウィッグは購入時、自分の好きなスタイリングにアレンジしてもらうことができます。
その際には自毛をスタイリングする時のように、専用のスタイリング剤を使って行うのが一般的なのですが、洗浄力の強いシャンプーを使ってお手入れをしてしまうとスタイリング剤が落ちてしまうのです。
お手入れの時はサロンやメーカーがオススメしているブランドのシャンプーを使うようにしましょう。
また、シャンプーのすすぎ残しも痛みの原因となります。優しく丁寧に洗い流し、すすぎ残しがないようにしてくださいね。
また、ゴシゴシとこすり合わせるように強く洗うのも禁物です。気を付けましょう。

原因2:ブラシで無理やりとかす

シャンプー後、ブラシでウィッグをとかす際にも気を付けることがあります。
それは、無理やり引っ張るようにとかさないこと。
ウィッグが絡まっているからといって引っ張るようにとかすと、毛が抜けてしまったり縮れてしまったりといったトラブルの原因となるのです。
ウィッグをとかす時は目の粗いブラシを使い、毛先から絡みをほぐしながら少しずつ丁寧にとかしていきましょう。
髪の根元も強く引っ張らないように気を付けながらとかしてくださいね。

原因3:ベースのお手入れ不足

ウィッグにはネットベースと別に、つるつるとした樹脂でできた箇所「ベース」があります。
ここはウィッグを頭に固定するために専用の接着剤や両面テープを貼るための箇所です。
ベースは新品の時はつるつるしていますが、使用しているうちに水分が抜け、剥がれやひび割れなどが生じるようになります。
少しでも長く使うためには、しっかりとお手入れをしていくことが重要。水で濡らして固く絞ったタオルを使い、汗や皮脂汚れを毎日ふき取るようにしましょう。

日頃のお手入れに加え、ウィッグを選ぶ時にも注意が必要です。
傷みやすい毛先を切ってスタイリングをし直してくれるなど、アフターサービスが整っているサロンやメーカーを選ぶようにすれば、お気に入りのウィッグを長く使うことができます。

アンベリールで探す2つのサポート

試着は一切費用が発生しません!
無料試着の申し込みはこちら
0120-959-963

抗がん剤治療向け医療用ウィッグが最大50%OFF!

女性向け医療用かつらを2台同時に購入されると、今だけ!最大で50%OFF!
医療用ウィッグ「シルフィ」は、見た目の自然さ&機能性を重視した最高品質の医療用ウィッグです。

二台同時購入キャンペーンについて

自宅または店舗無料試着

Please choose either.

実店舗で購入された方にシャンプーなどプレゼント
0120-959-963

メディア掲載実績

無料試着の申込
ご相談はこちらから

0120-959-963
自宅で無料試着について サロンで無料試着について