1. 自宅で無料試着を希望の方はこちら
  2. 無料試着の店舗一覧
医療用ウィッグのアンベリール>医療用の女性用かつらとファッションウィッグの違い|アンベリール
スペース

抗がん剤治療で脱毛する理由

抗がん剤治療を行うと、脱毛は避けられない副作用として知られています。
それではどうして、抗がん剤治療を行うと脱毛の副作用が出てしまうのかというのをご存知でしょうか。
脱毛してしまう理由について、きちんと理解を深めておくようにして下さい。
抗がん剤治療を行っていきますと、活発な細胞に対して強く影響を与えてしまうことになります。
活発な細胞というのは、髪の毛の毛母細胞にも影響を与えてしまうのです。
毛母細胞というのは、細胞分裂が活発なので、抗がん剤の治療の影響を受けやすい。
そして影響を受けた毛母細胞は、成長することが出来なくなってしまい脱毛という結果を生んでしまいます。
尚且つ髪の毛やまゆ毛、陰毛などは特に活発な毛母細胞になりますので、影響を受けやすく脱毛してしまいます。

抗がん剤治療による脱毛の流れ

抗がん剤治療を始めたら直ぐに脱毛が始まってしまうというわけではありません。
脱毛が始まってしまうのは、抗がん剤投与を開始してから、2〜3週間程度です。
期間に違いがあるのは、個人差があるからです。
早い人に関しては、2週間よりも前から脱毛が始まってしまうこともあります。
人によって違いますので、抗がん剤投与が始まるまでには事前に準備しておくものは用意しておくに限ります。

脱毛が始まってからは、抜け方というのは人によって違いがあります。
頭頂部から抜ける人も居れば、前頭部から脱毛が進行してしまう人も居ますので抜け方には違いがあるということは頭の中に入れておかれると良いでしょう。
そして抗がん剤投与が終了したら直ぐに髪の毛が生えてくるというわけではありません。
発毛直後は、産毛のような柔らかい髪の毛が生えてきます。
そこから髪の毛が元通りに生えて来るまでには、長くて1年程度は見込んでおかなければいけないでしょう。
そして髪の毛が生えてきた時には、以前と同じ髪質の毛が生えてくるとは限りません。
中には髪質や髪の色などが以前と違う人もいらっっしゃいます。

抗がん剤治療を受ける前に自前に用意しておくべきもの

抗がん剤の治療を受ける前には出来る限り、事前に用意しておいたほうが良い物をご紹介します。
先ずは何と言っても「医療用かつら」です。
医療用かつらが手元にあるだけで、気持ち的に大きく違いがあります。
外出する際には医療用かつらか帽子を装着して出ることになりますので、最低限どちらかは用意しておくことをオススメします。
抗がん剤投与が終了したとしても、直ぐに髪の毛が生えてくるというわけではありませんので、出来る限り医療用かつらを手元に用意しておくのが無難でしょう。

抗がん剤治療について

初めての方はまずは無料試着をお試しください

医療用ウィッグを2点選んで 自宅無料試着

試着について詳しくはこちら
実店舗で購入された方にシャンプーなどプレゼント
0120-959-963

お近くの店舗に
お越し下さい。

サイトTOP