1. 自宅で無料試着を希望の方はこちら
  2. 無料試着の店舗一覧
医療用ウィッグのアンベリール>医療用ウィッグに使用される人毛とは?特徴、お手入れについて
スペース

抗がん剤治療における副作用について

抗がん剤治療を受けるということは、副作用との闘いでもあると言えます。
それだけ抗がん剤治療における副作用というのは、精神的にも肉体的にも辛いと言われているのです。
抗癌剤治療を受けていくに当たって、どのような副作用が出てきてしまうのかは理解をしておくようにして下さい。
担当する医師からは説明を受けることになるでしょうが、事前に自分でもきちんと調べておくに越したことはありません。

抗がん剤治療における副作用として最も早く現れてしまうのが悪心、嘔吐、過敏症です。
これらは抗がん剤投与が始まって、翌日には始まってしまう副作用になります。
特に吐き気に関しては気をつけなければいけません。
あまりにも抗がん剤が強いと、吐き気が止まらず数日間にわたって吐いてしまうというような症状が出てしまった時には、抗がん剤の治療を今一度考えていかなければいけないということになります。
抗がん剤の投与を中止すれば、吐き気は数日以内には収まります。
これらのこのように副作用が出てきてしまった時には、きちんと医師と相談して抗がん剤の治療を受け続けていくのかを相談していく必要があるのです。

過敏症に関しても注意しなければいけません。
アナフィラキシーを引き起こしてしまった場合には、全身の臓器に重い症状が出てしまうのです。
これらが現れてしまった時には、すぐさま病院の先生に相談する必要があります。
アナフィラキシーショックになってしまった場合には、死に至る可能性もあるので気をつけるようにして下さい。
これらのケースは頻繁に起こることはありませんので、大きな心配をする必要はありません。
頭の中にとどめておく程度で良いです。

脱毛は投与開始から2〜3週間程度で始まる

抗がん剤治療の副作用として最も知られているのが脱毛です。
医療系のテレビやドラマなどで、抗がん剤による治療で脱毛してしまうということを知ったという人は多いのではないでしょうか。
この脱毛に関しては、抗がん剤投与からはそれなりに時間が経ってから始まります。
個人差がありますので、人によって脱毛の時期は異なるのです。
投与期間中に関しては、脱毛がストップするということはありません。
投与期間中に関しては脱毛は進行してしまっているので、頭髪が生えるのは抗癌剤治療が終了してからです。
終了してからは2〜3ヶ月後には回復します。
最初は産毛程度になりますので、完璧に回復するまでには2年程度は考えなくてはなりません。
その間は精神的にも不安定になりやすいので、医療用ウィッグなどを利用して、普段と変わらぬお洒落をして、明るい気持ちでいられようにしましょう。

抗がん剤治療について

初めての方はまずは無料試着をお試しください

医療用ウィッグを2点選んで 自宅無料試着

試着について詳しくはこちら
実店舗で購入された方にシャンプーなどプレゼント
0120-959-963

お近くの店舗に
お越し下さい。

サイトTOP