1. 自宅で無料試着を希望の方はこちら
  2. 無料試着の店舗一覧
医療用ウィッグのアンベリール>
スペース

医療用かつらの使用期間は長くなるのか

医療用かつらは普通のかつらと違って付ける目的が異なります。
つまり普通のかつらはたいていの場合オシャレ目的でつけますが、医療用ウィッグは、髪の毛に何らかの障害が起こったときに、その障害部分を隠すとともに、毛髪の回復を促すためにつけるのです。

したがって普通のウィッグが期間が限定されていないのに対して、医療用ウィッグは髪の毛のダメージ期間によって使用期間が限定されます。
医療用ウィッグが最もよく使われるのは抗がん剤治療による脱毛が起きたときです。また髪の毛のダメージが比較的大きくなるため、使用期間が長くなるのも、この種の脱毛です。
ということは、抗がん剤によって起こる脱毛の期間を知れば、医療用ウィッグの使用期間が分かるのではないでしょうか。

抗がん剤治療での脱毛期間はどれくらいなのか

抗がん剤治療では脱毛は避けられません。
とはいえ、その程度は人によって異なります。つまり、抗がん剤の種類、使用量、患者の身体状況、などによって脱毛の状態も異なるのです。
したがって、全体の3分の1か半分、あるいはすべて抜けてしまうなど、人によって脱毛状態は違います。

では脱毛期間はどうなのでしょうか。
これについては短い人で3〜4ヶ月、普通で半年、長い人で1年ぐらいというのが標準的です。こうした脱毛期間が終わると、毛は再び生えてきます。
したがって、医師に聞くなどして自分の脱毛期間を知らなければいけません。そうするとウィッグの着用期間が分かります。

できるだけ長い間使えるものを選んだほうが良い

上でも書きましたが、医療用ウィッグの使用期間は髪の毛のダメージ期間に比例します。
つまり髪の毛がダメージを受けて、それが回復するまでが使用期間になるのです。
ということは、最もダメージが大きいと思われる抗がん剤治療の脱毛でも、長くても3年以内には回復するでしょうから、ウィッグも最長で3年ぐらいの使用に耐えてくれたら良いのではないでしょうか。
したがって、3年間ぐらいの使用を目安に選ぶといいでしょう。

その点アンベリールが安心です。アンベリールなら、じゅうぶんにそれくらいの期間の使用に耐えられよう、材質や構造に細心の注意を払って作られています。
ただ耐用年数は手入れによっても異なってきます。
手入れが良いほど使用できる期間は延びてくるからです。
また、複数のウィッグを交互に利用することも長持ちに繋がります。なお、医療用ウィッグの手入れの方法については別項で説明します。

初めての方はまずは無料試着をお試しください

医療用ウィッグを2点選んで 自宅無料試着

試着について詳しくはこちら
実店舗で購入された方にシャンプーなどプレゼント
0120-959-963

お近くの店舗に
お越し下さい。

サイトTOP