1. 自宅で無料試着を希望の方はこちら
  2. 無料試着の店舗一覧
医療用ウィッグのアンベリール>
スペース

抗がん剤治療とかつらは密接な関係がある

かつらの使用する人には、立場が異なることがあるのは珍しくはありません。
それは一方にはファッションやオシャレが目的で使用する人々がおり、他方には病気の治療の一環としてこれを使用する人々がいるからです。前者が普通のかつらを使用する人々で、後者は医療用かつらを使用する人々です。
こんな風に言いますと何か明と暗に分かれているようにも聞えますが、必ずしもそうとは言えません。
なぜなら病気治療中の人はこれを着用することによって、暗を明に変えることができるからです。
医療用かつらは乳ガンなどにかかった人が抗がん剤治療を受け、その副作用のために脱毛したときに使うものです。使用の目的は脱毛部分を隠して悪化した容姿を改善するためです。したがって普通のかつらのようにオシャレやファッションを目的として積極的に使うものではなく、病気のためにやむを得ず使用するものと言えます。
このようにかつらはオシャレやファッションと深い関係があるのと同じように、抗がん剤治療とも密接な関係があるのです。

抗がん剤治療で脱毛してもかつらが気持ちを支えてくれる

ガンの闘病生活は筆舌につくしがたいぐらい辛いものです。ガンの治療法はいろいろありますが、効果の及ぶ範囲が広いのが抗がん剤による治療です。
しかし効果が高い反面、この治療には様々な副作用が伴います。
その一つが脱毛です。脱毛と言っても程度がありますが、抗がん剤の副作用での脱毛は非常に激しく、普通でも頭髪の3分の1〜半分程度、ひどい場合は髪の毛がすべて無くなることさえあるのです。
髪をことさら大事にしている女性がこういった状態になると悲惨です。他の副作用のように肉体的苦痛はないとはいえ、精神的なダメージは計り知れません。

それが余計に病気の回復を遅らせるのです。
したがって少しでも早くダメージから立ち直らなければいけません。
そうした女性をサポートしてくれるのが医療用かつらなのです。これを付けると、とりあえず脱毛して醜くなった頭部を隠してくれます。
それに人にも会えるようになりますから少しは気持ちも明るくなります。
でも、もし医療用かつらが無ければどうでしょう。
おそらく暗い気持ちを抱えたままの闘病生活になりますから、病気の回復もはかばかしくは進まないでしょう。
これで分かるように医療用ウィッグは病気の回復にも役立つのです。当社は、その点に着目して、抗がん剤治療出脱毛した人たちが安心して使用できかつら作りに専心しています。

抗ガン剤治療について

初めての方はまずは無料試着をお試しください

医療用ウィッグを2点選んで 自宅無料試着

試着について詳しくはこちら
実店舗で購入された方にシャンプーなどプレゼント
0120-959-963

お近くの店舗に
お越し下さい。

サイトTOP