1. 自宅で無料試着を希望の方はこちら
  2. 無料試着の店舗一覧
医療用ウィッグのアンベリール>
スペース

医療用ウィッグとは

医療用ウィッグの定義としては、病気やけがなどで頭部が脱毛してしまったときの応急処置のひとつとして活用するものを指します。
ハッキリとした区分けが曖昧で定義することが難しいという意見もありますが、髪の毛がある程度生えるまではこういった方法で凌ぐことが現代では通例になっているのです。
その一方で通気性がよくて付けっぱなしでも違和感がないような医療用ウィッグを必要としている人が多く、その概要をきちんと説明する方向性が大事なのです。
髪質が自然に見えて若々しいという意見やいろいろなおしゃれに応用が利くといった声は、使用者による率直なものとしてここ数年では捉えられています。
脱毛後の頭のサイズをしっかりと計測して、帽子のような感覚で身につけていくことがこれからは特に大切な要綱となるのです。

その一方で医療用ウィッグの概要を知るためには、専用のホームページを閲覧するような習慣が不可欠です。
何より価格による差というものが鍵になっていき、見た目での差は近くで見ればわかるものなのです。
自然に見える毛髪を取り入れているかどうかも重要なポイントになっていくため、これから購入をしようとするならばまずはこういった部分を優先的にチェックしていくことが大事です。
医療用として作られているので、機能面においては安心して活用することが見込めます。
入院中も前向きなモチベーションで生活ができるよう、現在でも開発が行われているのです。

失敗しない医療用ウィッグ選びのポイント

抗癌剤などを投与する際の治療期間中に使用する医療用ウィッグは、治療を終えた後に髪が元の長さに戻るまでの間にも必要となります。
そのためには様々な準備などが重要になります。
治療の流れを見てみましょう。まずウィッグの準備です。次に自毛のカットです。髪の毛が長い場合、抜け毛が始まった際その抜けた髪が絡まってしまうことを防ぐために、予め一定の長さにカットしておくことが良いでしょう。
加えて、髪のお手入れや洗髪もスムーズに出来ます。ただ、極端に短くカットしてしまうということは避けましょう。
それから治療の流れは個人差はありますが、数週間後に脱毛後、頭周りのサイズ変化に合わせたウィッグの調整を行います。つけ心地や緩みの確認のためです。
そして、脱毛時の頭皮のお手入れ(シャンプーやケアなど)です。頭皮を清潔に保つためには専門家などのアドバイスを受けると安心です。
抗癌剤の投与終了後、これも個人差はありますが、数ヶ月で髪が生え始めますので、その間も頭皮のお手入れが必要です。肝心なウィッグの選び方ですが、治療前と同じ形の医療用ウィッグを希望する場合、治療を始める前の準備が必要になります。
その際には写真などで確認を行うことも出来るのですが、出来れば脱毛前の自身の髪型と、実際の実際の医療用ウィッグを見比べながら調整や試着が出来るタイミングが最適です。
自分で気に入ったものを選んで、且つ頭のサイズもぴったりなものにちゃんと調整して、希望のヘアスタイルを作っていきましょう。

アレンジ調整について

初めての方はまずは無料試着をお試しください

医療用ウィッグを2点選んで 自宅無料試着

試着について詳しくはこちら
実店舗で購入された方にシャンプーなどプレゼント
0120-959-963

お近くの店舗に
お越し下さい。

サイトTOP