1. 自宅で無料試着を希望の方はこちら
  2. 無料試着の店舗一覧
医療用ウィッグのアンベリール>
スペース

医療用ウィッグがにおう前にできる対策

医療用のウィッグは長く使っているとにおう事や汚れたり、乾燥気味になりぱさついたりといったことが気になる事があります。長期使用を前提としているとはいえ、人が着用するものですから、ある程度は手入れやにおい対策などが必要になって来ます。
定期的にお手入れをしましょう。そうすればより長期的な利用が可能となり、におう事も少なくなるでしょう。

まず医療用ウィッグに簡単にブラシをかけるなどし、目立ったゴミやホコリ等を払います。
次に洗面器やバケツといった底の深い容器にウィッグ洗浄用のシャンプーを溶かします。
その水を軽く泡立てて、医療用ウィッグを浸して下さい。汚れが浮いてきたら軽く押し洗いをして、汚れを落としましょう。
この際手で軽くゆっくりと整えるように洗いましょう。
ブラシなどは使用しないで下さい。そして、十分なすすぎ洗いを施します。最後に。専用のトリートメントを適量とかした水に2から3分程漬け込み、その後軽くすすいで完了です。
吸水性のあるタオルなどでウィッグを軽く包み込むように水気を吸い取ります。
半乾きの状態になったら軽くスタイリングし、ウェーブやカールなどを戻しましょう。
そして仕上げに自然乾燥させて下さい。この時はウィッグスタンドなどに立てて、陰干しするのが良いでしょう。
医療用ウィッグ専用のシャンプーは様々なものが出ています。匂いも発生しにくく長持ちするものを選びましょう。正しい手入れを知り、大切に扱うことで医療用ウィッグはより長持ちします。

ブラッシングのポイントを事前調査

"医療用ウィッグと聞くと、どちらかと言えば年配向けでヘアスタイルの選択の幅も少ないイメージはありませんか?
ところが、最近の医療用ウィッグは若い人向けから年配の人向けまでヘアスタイルが豊富にそろっていておしゃれも楽しめます。
医療用ウィッグは、何らかの理由でやむをえず使用する人がほとんどだと思いますが、そんな中でもおしゃれ心は忘れたくないですね。

さて、医療用ウィッグを利用するならぜひ知っておきたいのがウィッグの正しいお手入れ法です。
日頃からブラッシングするなどしっかりとお手入れをすることでよりきれいに長持ちさせることも可能です。
では、医療用ウィッグのブラッシングのポイントについてご紹介します。

まずはウィッグスタンドなどにかけて、毛先の方から頭頂部へ向けて少しずつとかしていきます。
ブラッシングの時には、自分の髪をとかす時のように頭頂部から毛先に向かって1度にとかさないように注意してください。
ウィッグは力を入れてとかしたり、たくさんの毛を1度にとかしてしまうと毛が絡まって抜け毛や切れ毛の原因となりかねないので少しずつ丁寧にとかすのがポイントとなります。
もしも毛をとかしている最中に絡まってしまった時には専用のオイルスプレーを使用するとブラシの通りが良くなります。
使用するブラシは、静電気のおきやすいプラスチック製ではなく金属製のものを使用することをおすすめします。
日頃からお手入れを心がけて、医療用ウィッグを少しでも長持ちさせたいですね。

二台同時購入について

初めての方はまずは無料試着をお試しください

医療用ウィッグを2点選んで 自宅無料試着

試着について詳しくはこちら
実店舗で購入された方にシャンプーなどプレゼント
0120-959-963

お近くの店舗に
お越し下さい。

サイトTOP