1. 自宅で無料試着を希望の方はこちら
  2. 無料試着の店舗一覧
アンベリール(TOP)>円形脱毛症の進行速度と毛が抜けている期間について
スペース

円形脱毛症の進行速度と毛が抜けている期間について

手帳とカレンダー

もし円形脱毛症が発生してしまった場合、いつまで抜けるのか気になるものです。
脱毛期間というのは円形脱毛症の状態によって異なっていますが、まず円形脱毛症の種類の一つとして単発型があります。
単発型は一ヶ所に脱毛がある症状ですが、殆どの方は1年以内に治る前兆や兆しがあるといわれております。
ただ、人によっては症状が改善せず、多発型に進行し生えるまでの期間が長くなる方もいます。
多発型は複数の脱毛が見られる状態ですが、治るまでに半年から2年程度の期間が掛かります。
しかしながら、単発型から多発型に進行した時のように、症状が改善されずに進行するケースもあるのです。円形脱毛症の種類の一つとして蛇行型もありますが、蛇行型の場合ですと複数年の治療期間が必要になります。
他にも完全に頭髪が無くなる全頭型もありますが、全頭型ですとさらに長い治療期間が必要になります。 円形脱毛症には以上のような種類があり、それぞれの症状によって治る期間や生える期間が違ってきます。

症状の出方によっては長い治療期間が必要になる訳ですが、発毛するまでの期間は苦労する事になります。
しかしながらそういった時でも医療用ウィッグを利用すれば安心です。
手軽に脱毛箇所を隠す事が可能になりますので、発毛するまでの間のパートナーとして活用する事ができます。
不安なのが見た目ですが、医療用ウィッグの技術は格段に上がっており、今では本物のような見た目のかつらもあります。
その為、見た目の違和感に関してもさほど心配はありません。

円形脱毛症後の治る前兆(産毛が生えるまでの期間)について

円形脱毛症

円形や、楕円形の脱毛班が突然出来る症状が、円形脱毛症です。
ストレスや、亜鉛不足など、様々な原因で起きる症状で、10円玉程度の大きさを想像する人は多いですが、その大きさや進行速度は人によって様々で、かなりの広範囲に及ぶ事も珍しくありません。
ただ、円形脱毛症というのは、一般的な薄毛とは違い、自然に治る事も多く、更に適切な対処を行えば、意外と早く症状が解消する事になります。
抜け始めてから、治る前兆の産毛が生え始めるまで、個人差はありますが多いのは3ヶ月から4ヶ月程度から産毛が徐々に生え始める事が多く、一度生え始めるとそこからは治る期間も早く、半年程度で殆ど目立たなくなる事も珍しくありません。
ただ、円形脱毛症の症状や原因によって、治る期間は様々で、人によっては10ヶ月以上の期間が必要になるという事もあります。
自然に治る事も多い症状ですが、早く治したいと考えた場合、皮膚科で適切な治療を受ける事がお勧めです。

出来てしまった円形脱毛症の殆どは、自然に治る事になりますが、円形脱毛症の部分を見られるのは抵抗があるという場合、有効なのが医療用ウィッグです。
医療用ウィッグのメリットは、髪の状態に合わせて選ぶ事が出来、とても自然に円形脱毛症の部分を隠す事が出来る事です。
髪が生えそるまでは、医療用ウィッグを使用する事で、人目を気にせず治療に専念でき、脱毛部分を気にしなくて済むので、脱毛部分が大きくなってしまった場合は、早めに準備する事をおすすめします。

初めての方はまずは無料試着をお試しください

医療用ウィッグを2点選んで 自宅無料試着
試着について詳しくはこちら
ウィッグの無料試着について 0120-959-963 くわしくはこちら
実店舗で購入された方にシャンプーなどプレゼント
0120-959-963
お近くの店舗に
お越し下さい。
サイトTOP