1. 自宅で無料試着を希望の方はこちら
  2. 無料試着の店舗一覧
アンベリール(TOP)>医療用ウィッグの手入れはこまめにしよう
スペース

医療用ウィッグも手入れは大切

ウィッグのお手入れ

医療用ウィッグはきちんとしたお手入れをする事で、耐久性もよくなります。
長期間利用することが出来るものでも、手入れを怠ってしまっては利用することが出来る期間が短くなってしまいます。
だからこそ、医療用ウィッグを購入・レンタルされた時にはきちんと方法でお手入れを行うようにしましょう。
髪の毛をシャンプーで洗えば良いというものではありません。
医療用ウィッグのお手入れをきちんと理解して、それに合わせたお手入れの仕方をするようにしましょう。

医療用ウィッグのシャンプーなどによるお手入れ

先ずはシャンプーによるお手入れとしては、強力なシャンプーを利用しないようにしましょう。
油脂やハードなスタイリング剤を落としてしまう原因となってしまいます。
せっかく自分の好きなスタイリングにアレンジして貰ったのに、シャンプーをしてしまうことで落としては意味がありません。

理想とするならば、サロンやメーカーがおすすめしているブランドの商品を利用することです。
そして、洗った時にはすすぎ残しがないように注意しましょう。
すすぎ残しがあると、それが医療用ウィッグの傷みの原因となってしまいます。
自毛のように修復する細胞がないからこそ、お手入れはこまめに行う必要があります。
洗う時にはゴシゴシと強く洗うのも禁物です。
優しく丁寧に洗うように心掛けて下さい。
そして、カールやスタイルがくずれてしまうので、お湯を使わない方がいいです。
理想としては水に近いぬるま湯を使って洗うことです。

毎日きちんとブラシなどを掛ける必要があります。
出来るのであれば、静電気防止タイプのスプレーなどを利用するようにしましょう。
静電気が原因で縮れてしまっている可能性もあるからです。
もしも雨で濡れてしまったときには、擦って水気を取らないようにしましょう。
叩くようにして水気を取ることを意識して下さい。
タオルで擦ってしまうと、縮れの原因となりますので意識して生活するようにしましょう!

毛が縮れてしまったときのお手入れ

医療用ウィッグを長期間利用していきますと、毛が縮れてきてしまいます。
人工毛は乾燥からくる静電気によってちぢれが生じてきます。
ちぢれてしまったウィッグは、ご自身では直せないので、当社にご連絡後お送りいただければ、メンテナンス(5,250円)でお直しをさせていただきます。

医療用かつらの日々のお手入れ方法

ウィッグのお手入れ

医療用かつらは、抗がん剤治療中の女性向けです。
アンベリールは、最高級の人毛を1本1本丁寧に、きめこまかく植毛した、着け心地の良い医療用かつらです。かつらにありがちな嫌な蒸れもなく、軽くて、通気性が抜群です。
しかしながら、無駄なコストをカットしているため、低価格を実現しています。
基本スタイルに、カットやカールなどの様々なアレンジを加えることで、自分だけのオリジナルかつらに仕上げることが出来ます。
医療用かつらは、長い間使用していると、汚れや匂いが気になることもあります。また、パサついたり、乾燥することもあります。
そんな時に、最適なお手入れ方法があります。日々のお手入れ方法としては、頭皮に直接触れるインナーキャップを、硬めに絞ったタオルで拭き取ることです。
また、目の粗いブラシを使って、ブラッシングすることも効果的です。まずは、かつらをブラッシングして、ホコリを取り除きます。
洗面器などに、専用シャンプーを溶かして軽く泡立て、かつらを浸します。次に汚れを落とすように、手のひらで優しく洗い、しっかりとすすぎます。洗面器などに、専用トリートメントを適量入れて溶かし、2〜3分程度浸けて、その後軽くすすぎます。
タオルでかつらを軽く包んで、水気を吸い取ります。半乾きの状態で、ブラシで溶かしスタイルを整えます。その後、自然乾燥させます。このような方法で、定期的にお手入れすることで、より長い間に渡り使用することが出来ます。

医療用ウィッグを清潔に保つ手段

医療用ウィッグはいつでもきちんと手入れをするようにしましょう。
ウィッグは手入れをせずに放っておくと早い段階でだめになってしまうデリケートなものだからです。
ウィッグを長持ちさせるには、清潔に保つことです。清潔に保つことが出来ればゴミが付いたり、匂いが発生するなどといったことに悩まずに済みます。
清潔さを保つには、やはりまめに洗ったりすることが大切です。長期間使う事を前提としている医療用ウィッグですが、ぞんざいに扱うとそれだけ寿命は短くなってしまい、困ることになります。
長期的に使えるようにするため、きちんとしたウィッグのための手入れ方法を理解し、知っていきましょう。まず知ってほしいのは医療用ウィッグには専用のシャンプーがあるということです。
うっかり刺激の強いものや、強力に汚れを落とす物などを使ってしまった場合、ウィッグの形を保っているスタイリング剤などを落としてしまい台無しになってしまう恐れがあります。
理想はメーカーなどがおすすめしている製品を使用することです。洗う際には強くこすることなく、優しく押すように洗うのがコツです。かつ、すすぎ残しがないように丁寧に洗うことです。すすぎ残しは想像以上にウィッグをダメにしてしまう恐れがあります。
また、洗う時の水の温度も重要です。ぬるま湯程度がいいでしょう。
間違っても熱いお湯を使うことは避けましょう。ポイントは通常の人の髪の毛とは違い、優しく優しくケアを施すよう心がけることです。

季節と医療用ウィッグの関係

ウィッグのお手入れ

日本は季節の移ろいにより、花鳥風月など四季折々の彩りを楽しむ文化が、古来より築かれます。四季を愛でる繊細な感覚は、日本人が誇る素晴らしい伝統の1つに数えられます。近年は温暖化が進みますが、それでも四季が必ず訪れるのが日本の風土の特徴でもあります。
しかも多くの地域で、ほぼ同じ周期で四季はめぐります。そのなかでも春と秋は快適な季節となり、地域差もありますが問題なのは夏と冬になり、これはどちらが好きかとなれば人それぞれ。
どうしても春や秋より好まれないことが多く、当然ながら夏は暑く、冬は寒いので気温の影響が理由になります。ただ冬は暖房設備が普及するので、室内であれば過ごしやすい生活がほとんど。
では夏は冷房設備が完備されるにしても、温暖化の影響から問題は夏になり、猛暑の影響で命を脅かすほどの危険性が伴うことも!

そうなると医療用ウィッグを使うような体調であれば、ただでさえ夏は苦痛に感じられる可能性が高まります。
しかも医療用ウィッグを使用するのなら、室内の冷房設備は完備されてないと心配なくらい。夏でも医療用ウィッグを使用する生活を快適に過ごせるよう、当社の提案を参考にしてください。

夏の医療用ウィッグ生活

夏はただでさえ汗をかきますから、医療用ウィッグを使用すれば自然と頭皮が汗ばむでしょう。
これは汗腺から汗を出すことで、体温調整をする人体に備わる健康機能が、自然におこなう現象になります。もし汗をかくことを無理に抑えようとすれば、それも健康を害する理由に考えられます。
しかし医療用ウィッグにより頭皮は汗をかけば、どうしても菌が繁殖しやすい状況を作り出してしまいます。まだ頭皮は就寝前に入浴してシャンプーすれば、衛生管理は生活習慣のなかで取り入れられます。
しかし医療用ウィッグは夏に汗をかいたまま使い続けることは、やはり衛生管理として心配になります。
当社の医療用ウィッグであれば、温水で洗うことも可能になるので、衛生管理は手軽に取り入れられます。しかし1つを使い続けることになれば、汗をかいたら頻繁に洗うことになり、どうしても劣化が早まります。
医療用ウィッグが傷むのが心配で、なかなか洗えないという心配があります。

その対策に当社では、2つ同時に購入すればキャンペーンにより割引サービスが適用されます。
ローテーションで医療用ウィッグを使うことで、夏を乗り切る方法として最適な方法になり、まず購入時に検討するのをお勧めします。

初めての方はまずは無料試着をお試しください

医療用ウィッグを2点選んで 自宅無料試着

試着について詳しくはこちら
実店舗で購入された方にシャンプーなどプレゼント
0120-959-963

お近くの店舗に
お越し下さい。

サイトTOP