1. 自宅で無料試着を希望の方はこちら
  2. 無料試着の店舗一覧
気になる言葉を検索してください

抗がん剤治療と医療用ウィッグに関する用語集

現在は【た・ち・つ・て・と】のページです。

抗がん剤治療を受ける前に、分からない事や知りたい内容がある方は、下の【た・ち・つ・て・と】ボタンで、
気になる言葉の頭文字をクリックしてお調べください。

頭文字選択に戻る

現在準備中

頭文字選択に戻る

チロシナーゼ ちろしなーぜ
髪の毛が年と共に薄くなったり、毛が細くなるのは仕方のない事です。
それは男性ホルモンが影響していると言われているために、女性よりも、男性ホルモンの多い男性の方が、抜け毛や薄毛になりやすいという結果になります。
また、食生活のバランスが崩れる子により、髪の毛を生成するもととなる毛根に必要な栄養素が、しっかりと摂取できないという事が言えます。
また白髪となる事にも様々な原因が考えられます。チロシナーゼという物質の減少日より白髪が増えているという事が一つの原因でしょう。チロシナーゼは体の中でメラニンを生成する上で必要不可欠なものとなっています。
髪の毛の本来の色である黒色の原因はこのメラニン色素にあるゆえに、このメラニンを生成できなくなると髪の毛を黒くする事が出来ないために、白髪となってしまいます。
このチロシナーゼは老化と共に減っていきますので、年をとっていくと自然と髪が白くなっていくのは自然な事だとも言えます。

頭文字選択に戻る

現在準備中

頭文字選択に戻る

テストステロン てすとすてろん
テストステロンとは、男性ホルモンの一種です。薄毛や抜け毛に困っている男性は少なくありません。
栄養不足や、頭皮の清潔状態、または、お酒の飲みすぎ等の様々な内容が関わっていますが、これは男性に限った問題ではありません。
女性でも抜け毛や薄毛に困っている人は多いものです。これは女性にも男性ホルモンが少なからず分泌されているからだといます。男性ホルモンの一種であるテストステロンは、髪の毛に影響して、抜け毛を増やしたりしていると思っている人も少なくありませんが、テストステロン自体は毛根を強くする働きがあったり、むしろ抜け毛を予防するという見解が強くなっています。
しかし、このホルモンが不足してしまうと、それを補おうと5aリダクターゼという物質と結合してジヒドロテストステロンという物質が生成されてしまいます。
このジヒドロテストステロンという物質が抜け毛を促しているというのが現状です。これは生活習慣をよくしていくことによって完全させる事が可能ですので、バランスの良い食生活を心掛ける必要があります。
このホルモンが活発に分泌されていると、髪が少なくなり、体毛は濃くなる傾向があります。ですから男性型脱毛症、所謂AGAの治療は、このテストステロンの分泌を抑えるという治療法が主流となっています。
プロペシアという薬剤を使用することでホルモン分泌を抑えて、薄毛の進行を食い止め、発毛を促すという方法です。

頭文字選択に戻る

頭皮ケア とうひけあ
シャンプー洗髪は日に1回でOK。頭皮がカサついているときには、シャンプーお休みデーを作ってもよいでしょう。
洗いすぎないことも頭皮ケア、ということを忘れないでください。
頭皮マッサージ とうひまっさーじ
頭皮マッサージは抜け毛や薄毛の治療の過程で頭皮の状態を整えるために行われます。
抜け毛や薄毛の原因となっているのは毛穴に皮脂が詰まって毛穴をふさぎ、発毛を阻害するというのも一因であることから、洗髪する際に頭皮マッサージを行うことで毛穴に詰まった皮脂を揉み出して除去し、血行を促進し、毛穴引き締め効果が期待できます。
頭皮を健康に保つことが育毛の促進に繋がることから、育毛剤等を塗布する前に行うことにより薬剤の皮膚への吸収率も上がり、効果が高まるためサロンでの施術にも組み込まれている方法です。
自宅でのセルフケアも簡単で、タイミングとしては入浴時に体が温まってからシャンプーで泡立て、髪の生え際、頭頂部、側頭部を丁寧に揉みます。
根元部分をゆっくり刺激することで余分な皮脂を取り除き、髪の健康的な発毛を促進できるでしょう。美容室でのスカルプケアでも頭皮マッサージは組み込まれており、気軽に体験することが可能です。
ドナー どなー
医療は発達し、少し前までなら治療する事が不可能であった病気も投薬や手術によって治す事が可能になりました。
それでも、臓器や人間の器官は科学技術では作り出す事ができません。しかしそれさえもドナーの存在によって、現代では治療を行う道があります。
現在日本では、故人の意思表示と家族の同意があった場合にしかドナーとして臓器提供を行い手術に使う事はしません。自分の臓器によって、救えなかった命を最後に救いたい。そんな意志を持ってドナー登録をする人は増えています。
大切な家族を失ったときに、初めてその家族が自分の臓器を提供する意思を持っていた事を知ってショックを受けるケースが数多くあります。
意思表示をする際には自分の家族にもあらかじめ説明をし、同意を得る事でまだ見ぬ誰かも、思わぬ不幸に見舞われてしまった自分の残された家族も救う事ができるのです。
トリートメント とりーとめんと
抜け毛の原因は色々ありますが、頭皮の乾燥や皮脂のつまりなどが主な原因となっている場合には特に、トリートメントの使い方に注意する必要があります。
シャンプーが汚れをとる働きをするものであるならば、トリートメントは髪に必要な栄養分を補う働きを持っています。
しかし、粘度の高い成分が多いので、頭皮につけすぎると毛穴を防いで抜け毛にとっては悪い影響を与える可能性が高いです。
そのため、トリートメントを使用するときには、傷みの激しい毛先を集中的につけるようにして、地肌近くは少なめに塗布しましょう。
また、必要な栄養分はきちんと髪にいきわたるようになっていますので、すすぎはしっかりと行いましょう。
トリコチロマニア とりこちろまにあ
トリコチロマニアとは、自分で自分の正常な髪の毛を抜いてしまうことで抜け毛や薄毛の症状があらわれます。
トリコチロマニーとも呼ばれていますが、心身ともに感じるストレスが原因です。
そのため、ストレスを溜め込み過ぎてしまうことによって、寝ている間などに無意識に髪の毛や眉毛などを引っ張ったり抜いてしまうことで薄毛の症状があらわれます。髪の毛が抜けているのに痛みを感じこともあまりないので、見た目などから円形脱毛症などと勘違いしてしまうことも多く、自分で行っていることとはいえ癖のように無意識に行っているので、朝起きて抜けている髪の毛を見て気づくことも多いです。
トリコチロマニーは、帽子や手袋などをすることで無意識に髪の毛を引っ張ったり抜いたりする行為を防ぐことができますが、そもそもの原因はストレスです。
そのため、原因となっているストレスを解消することがトリコチロマニーの根本的な改善につながります。
トレハロース とれはろーす
トレハロースというと、食品の甘味料としての効果をご存知の方は多いでしょう。
ですがこのトレハロースには実に様々な効果があり、種々の場面で使用されています。
そもそも食品に使用されるのも、甘味料としての役割のほか、品質保持のためという目的で使用される場合が多くあります。これはトレハロース自体に高い保水力があり、食品の乾燥を防げるということのほか、たんぱく質や炭水化物・デンプンの劣化をふせぐこと、さらには臭いをおさえたり、苦みや渋み・えぐみといったいわゆる「嫌な味」を抑えるという効果があるからです。
このような効果を応用することによって、トレハロースは医療用品、化粧品・育毛剤といったものにも利用されています。
例えば医療の現場においては、たんぱく質の劣化を防ぐという効果を利用して臓器移植のための臓器を保護するための液材に使用されています。

医療用ウィッグを2点選んで 自宅無料試着

試着について詳しくはこちら
0120-959-963

お近くの店舗に
お越し下さい。