1. 自宅で無料試着を希望の方はこちら
  2. 無料試着の店舗一覧
気になる言葉を検索してください

抗がん剤治療と医療用ウィッグに関する用語集

現在は【は・ひ・ふ・へ・ほ】のページです。

抗がん剤治療を受ける前に、分からない事や知りたい内容がある方は、下の【は・ひ・ふ・へ・ほ】ボタンで、
気になる言葉の頭文字をクリックしてお調べください。

頭文字選択に戻る

パラベン ぱらべん
抜け毛や薄毛を気にする人にとって、パラベンは危険視されている成分の一つです。
一口にパラベンといっても、いくつかの種類があり、毒性が弱いものに関しては、ごく少量でも雑菌の繁殖を抑える力があり、口に入れても害がないといわれています。
ヘアケア製品でも、抜け毛を減らすために化学薬品の使用を極力抑えていることをアピールしている商品がたくさんありますが、シャンプーのように高温多湿の場所に保管され、雑菌が繁殖しやすい商品の場合、他の防腐剤が混入されています。
しかし、中には安全性が高いものの防腐効果が弱く、大量に混入しているためにかえって危険性が増している商品もあります。
そのため、パラベンを一概に危険視するのではなく、毒性の強さや配合量などで頭皮に影響を与える割合で判断するということも大切です。
瘢痕性脱毛症 はんこんせいだつもうしょう
薄毛の原因の一つに瘢痕性脱毛症があります。
瘢痕性脱毛症は事故などに損傷を受けた部分だけが脱毛してしまう症状です。
外傷、熱傷、ガンの放射線治療、頭皮に出来るおできなどによって、毛根が破壊され、その結果毛が抜けてしまいます。
遺伝などの薄毛はおでこの生え際や頭部から徐々に薄くなっていきますが、瘢痕性脱毛症は外傷などの部分が1本の毛も無くキレイに脱毛します。 ですから、明らかに普通の薄毛との違いが分かりますので、素人でも判断出来るでしょう。
中には脱毛した部分が永久的に脱毛したままになるケースもあります。
ガンの放射線治療などその他の事が原因の場合は形成外科での治療が必要になります。
パントテン酸 ぱんとてんさん
パントテン酸は、ビタミンの一つです。
また、パントテン酸は、水溶性のビタミンですので、余分に摂取しても尿に排出されるため、その点に付いては安心なビタミンといえます。
」 その反面、定期的に摂取すると、効果的に体の中に取り込むことができます。また、体の新陣代謝を促進する働きがあるため、色々な体の作用について、効果を発揮してくれます。
そしてその中でも、髪の毛を生成するのに欠かせない栄養素であり、髪の毛には必要なものとなっています。
そのため、髪に必要なシャンプーや育毛剤に含まれています。また、サプリメントもあり、それを服用する場合は、水溶性のため、一度に服用すると、体の外に排出されます。そのため、朝、昼、晩と分けて服用することで効率よく体の中に栄養素を取り込む事ができます。

頭文字選択に戻る

ビオチン びおちん
ビオチンは、髪の健康維持に役立つ効果があるため、薄毛に悩む人には有用です。
髪の毛が薄くなってきたと感じた場合にビオチンを摂取します。
薄毛に悩む男性のみならず、女性にも有効です。薄毛であることが恥ずかしくて他人に悩みを相談することができなかったり、体の調子が悪いわけではないので医療機関に行くことをためらう人も少なくありません。
薄毛以外の効果もあるため、薄毛対策のために購入したと気づかれにくいというのも、購入しやすく、長所であると言えます。
サプリメントであるため、それでも店頭に出向くのが恥ずかしいという人はインターネット上で購入することも可能です。 薄毛に対する薬を飲んだり、頭皮にかけたりすることがためらわれるが、ビオチンならば試しやすいという人も多いです。
父親や夫へのプレゼントとしても、育毛剤よりも直接的ではないので選びやすいと人気です。
粃糠性脱毛症 こうせいだつもうしょう
粃糠性脱毛症という名前を聞いたことがない、と言う人も多いのではないでしょうか。
粃糠性脱毛症は、フケが異常に発生し、そのフケが毛穴につまり雑菌が繁殖することにより炎症が起こり、脱毛が引き起こされる、という脱毛症の1つです。
この脱毛症のフケは、かさぶた状になっているのが特徴です。このかさぶた状になったフケが頭皮を覆うように発生します。
フケが通常よりも多いくらいであれば、この脱毛症ではありません。
粃糠性脱毛症の原因は、シャンプーやリンスを行ったときにすすぎを十分に行わなかったことや、髪の洗いすぎ、その他、食生活やストレスなども挙げられています。
粃糠性脱毛症を改善するためには、髪を洗い過ぎないように洗髪の回数を見直し、洗髪のときに使用するシャンプーは、低刺激で無添加のシャンプーや、アミノ酸成分が配合されたシャンプーを使用すると良いようです。
ビタミン びたみん
ビタミンが抜け毛や薄毛などに有効なことは良く知られていますが、実は医療においてもよく利用される栄養素です。
ビタミンには、A、B類、C、D、Eなど、様々なものがありますが、特に抜け毛や薄げに有効なのは「B類」「D」「E」です。
ビタミンB類では、B1とB2、B6が当てはまります。B1には、披露の回復やストレスの緩和作用があります。ストレスによって皮脂が過剰に分泌され毛穴が塞ぎ、抜け毛が進行される事がありますが、それを防止します。
B2には脂肪の代謝をしたり、皮膚(頭皮)の健康を保つ役割があります。B6には脂質、糖質、タンパク質などのエネルギー代謝作用があり、毛穴が詰まるのを防ぎます。
Dニは細胞の老化を防止したり、血流を良くし、発毛を促進させる作用があります。Eは毛髪を作るためには欠かせない栄養素です。
ヒノキチオール ひのきちおーる
ヒノキチオールは、髪の毛に良い成分として、様々な会社から商品として販売されています。
そしてその成分は、体の中の新陣代謝を活発にしてくれるため、特に育毛剤として使用されることが多くなっています。
育毛剤として使用するときは、頭皮全体にいきわたるように、頭皮に振りかけてマッサージを行います。
多くの育毛剤の場合は、このヒノキオールのすがすがしい香りを感じる事ができます。
そしてそれは、外用薬として、ローション用のものやパウダー用になったものなどが販売されています。また、ヒノキチオールは外用の育毛剤としてだけではなく、シャンプーとしても販売されています。
皮脂腺 ひしせん
皮脂腺(ひしせん)とは、皮脂を分泌する線で、皮膚の内部に存在しています。皮脂腺から皮脂が分泌されることで、肌や髪を保護する役割があり、乾燥から守ります。
ですが、過剰に分泌されると毛穴を防いでしまい、それが抜け毛や薄毛に繋がってしまいます。
そのため、過剰に分泌された皮脂は取り除いたり、皮脂腺が活発にならないように、注意して対策をするようにしましょう。
過剰に分泌された皮脂を取り除くには、しっかりシャンプーを行うことが重要です。シャンプーは、髪に付けるのではなく、頭皮をマッサージするように行うと効果的です。さらに、最近人気のマッサージブラシを使用すると、爪による頭皮傷付きを予防もでき効果的です。
びまん性脱毛症 びまんせいだつもうしょう
男性で薄毛に悩む人はとても多いと思います。しかし、女性でも薄毛に悩む人は多いのです。
男性から見たら、女性の薄毛はそれほど深刻ではないように思えますが、それは男性のように見るからに部分的に頭髪が少なくなってしまう人は少ないのでそう感じるのでしょう。
しかし、女性の薄毛というのはとても深刻に悩む人が多いのです。
髪は女の命なんていう言葉もありますが、髪は女性にとってとても大切なもので、ほんの少しの変化にも気付く人が多いと言えるでしょう。
女性の場合は、男性の場合と違って、女性の場合はびまん性脱毛症が原因の薄毛がほとんどで、やはり髪の分け目が目立ってくる、抜け毛が多い、毛の質が細くなり弱々しくなってくるといった症状の人が多いです。
原因としては、加齢やストレスが多いので通常は40代以降の女性に多いのですが、過激なダイエットや生活習慣の極端な乱れにより、20代などの若い女性にも起こることがあるようです。 びまん性脱毛症は、生活習慣の改善で良くなることが期待されます。
そして、薄毛外来などの専門に薄毛を扱っているクリニックや病院で、検査・診断・投薬治療などで、とても改善されるようです。

頭文字選択に戻る

フェオメラニン ふぇおめらにん
フェオメラニンとはメラニンの一種であり、黒褐色の色素です。
一般的にメラニンが髪の色を構成しているという風に言われていますが、どの種類のメラニンが過剰かで、髪の色が変化します。
フェオメラニンの他に、メラニンの種類としてユーメラニンというものがあります。これは、純粋な黒色の色素であり、このユーメラニンが過剰に含まれている場合には髪が黒くなりやすく、逆にフェオメラニンが過剰に含まれている場合には髪が茶色から金色に近づいていきます。どちらのメラニンが多いかは緯度に依存します。
メラニンは紫外線保護のための物質であり、紫外線を浴びるとそれに反応する形で増加します。紫外線が強い低緯度地域では髪が黒色になりやすく、緯度が高い地域では茶色になりやすいのです。
なお、フェオメラニンはユーメラニンと比較して、化学的に安定しています。ですから、髪がダメージを受けて参加した場合には、ユーメラニンを多く含む髪が抜けやすくなります。
フィナステリド ふぃなすてりど
フィナステリドとは、AGAと呼ばれるようになってきた男性型脱毛症に有効とされている発毛・育毛剤のひとつです。
同じく発毛・育毛剤として医薬品の認可を受けているミノキシジルと併用して使用することにより、より高い発毛・育毛効果を得る事が出来ます。 しかし、ミノキシジルほどフィナステリドは副作用が強くないとはいえ、多少なりとも出てしまう事があります。
主な症状として、胃の不快感や性欲減退などがあります。また、円形脱毛症の治療には効果が期待しにくく、女性の患者さんには使用することが出来ないとされています。
フォリキュラーユニット ふぉりきゅらーゆにっと
フォリキュラーユニットを活用して植毛を行うための技術が進化をしています。
かつては薄毛や脱毛で悩んでいる方に行う対処方法としては、かつらがメインとして利用されていた時代があり、今日でも用いられています。
かつらにも人工毛を利用しているものや、人毛を利用した高品質なものも存在していますが、フォリキュラーユニットを活用する場合では自分の毛髪をそのまま活用することができるために、かなりの効果を得ることができます。
例えば頭頂付近の髪の毛が抜け落ちてしまったり、前髪付近が薄くなってしまった方の場合でも、頭皮の側面などに残っているフォリキュラーユニットを用いることによって、髪の毛を元通りに修復することができます。
部分かつら ぶぶんかつら
以前から人気のある部分かつらは、年配の女性の方が利用している事が多いですが髪の毛のつむじの部分が薄くなったり、トップにボリュームがない方にはボリュームを出したり、つむじの部分を隠したりす事ができるため外出や急な人と出会う時などにも簡単に取り付けられ、セットも手軽にできる事で人気があります。
部分かつらは今ではウイッグとも呼ばれ、近年ではテレビや通信販売などでも購入ができて自分に合った髪質や髪の色なども合わせる事ができるので、多くの人達に活用されています。
薄毛の方には特におすすめで部分的なかつらの為、全体的のかつらよりも自然に見える事がポイントで部分かつらと、自分の髪の毛をスタイリングで混ぜる事でより自然に見える事が可能です。
部分かつらは付け方が簡単で、数秒で付けられる商品が多くボリュームが髪に出る事で若々しく見えたり、元気に見えたりと活動的な印象を与える事ができますので、外出時には必要なアイテムとしている方達が多いほどの人気があります。
不飽和脂肪酸 ふほうわしぼうさん
「不飽和脂肪酸」には、血液中のコレステロールや、中性脂肪を下げる働きがあることで有名な成分です。 他にも体のエネルギー源になったり、体を構成するにあたって必要だったりと、様々な効果が得られる成分です。
よく知られている不飽和脂肪酸は、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)、オレイン酸、リノール酸などが挙げられます。よく含まれる食品としては、イワシやサバなどの青魚や、サラダ油、オリーブ油などがあります。
不飽和脂肪酸は、抜け毛や薄毛にも効果があることで知られています。そのため、健康メーカーや医療機関などからも注目され、利用されています。
不飽和脂肪酸を取り入れるためには、日々の食事からでは限界があるため、サプリメントなどの健康食品から摂取するのが効果的です。
ブラッシング ぶらっしんぐ
最近、女性でも薄毛や抜け毛で悩む方が増えてきました。
薄毛や抜け毛の要因は、ストレスや睡眠不足、偏った食生活、運動不足、間違ったシャンプー方法、紫外線などです。
間違ったブラッシング方法も薄毛や抜け毛の原因となります。
ゴシゴシとブラッシングする事で、頭皮を傷つけてしまう可能性があるからです。
正しいブラッシングを行うと頭皮マッサージの効果があるので、健康な髪が生えてくる環境作りになります。 ブラッシングは馬や豚の毛を使ったものを使用すると更に効果的です。
プラセンタエキス ぷらせんたえきす
年齢と共に、人の髪の毛もさみしくなるのは仕方がないとしても、まだ若さがある中で薄毛に悩んでいる方々さえあります。
男性型脱毛症など、男性ホルモンが関係して起こってくる症状もありますので、一概に年齢だけとは言い難く原因はさまざまです。
特に、若い層の人達であればある程、その悩みは深く深刻になってきます。薄毛は、毛母細胞が生きる力を失った結果なので、 その再生を促す治療が必要になってきます。
そんな場合の対処の方法として、医療用にもプラセンタエキスが注目されてきています。プラセンタエキスの成分は、体内に入ると細胞レベルで働くようになり、その結果髪の毛の発育などにも良い影響をあたえるのです。
今では、こういった部分的にでは無く、体の中から改善していける方法も取られるようになってきました。 年齢を重ねた人達でも、プラセンタエキスは効果を発揮し、その細胞の老化を緩やかにさせ、強いては髪の毛の復活さえも夢ではありません。
プロペシアR ぷろぺしああーる
かつて薄毛になった男性が、何とか薄毛を改善しようと試す方法と言えば、頭に塗るタイプの育毛剤でした。 近所の薬局等で、育毛剤を購入し、それを頭皮に塗った上で、マッサージをする等して育毛効果を高め、薄毛の改善を目指したモノです。
それから更に、シャンプーの中には、健康な髪が育つのを邪魔してしまうモノもあると分かり、頭皮に優しいシャンプーに変え、更に育毛剤の効果を高めようとする方法も、主流になっていたのです。
ですが近年では、同じ育毛剤でも塗るのではなく、飲むタイプのモノが主流になりつつあります。
プロペシアRもそんな飲む育毛剤の一つであり、男性型脱毛に効果的な薬の一つです。
薄毛対策に有効である成分を体内に摂取する事で、頭皮に塗るよりもより効果的な薄毛の改善に繋げる事が出来ます。しかもプロペシアRは、一日一回、服用するだけというお手軽な方法です。
そのため、育毛剤を購入したけど、ついつい忘れたり、マッサージ等が面倒で長続きしないという人も、食事序に飲むという習慣さえ身に付ければ、楽に続ける事が出来ます。しかも大きな効果が期待出来ます。

頭文字選択に戻る

ヘアサイクル へあさいくる
髪の毛は、生まれた時点で既に本数が決まっていて、およそ10万本の髪の毛が頭に生えています。
また、髪の毛には一定の寿命があり、成長したら自然に抜け、同じ毛穴から新しい毛髪が再び生えてきます。
この繰り返しをヘアサイクルと呼びます。ヘアサイクルには成長期・退行期・休止期とあり、髪が生え変わります。
正常なヘアサイクルの場合、1日に抜ける髪の毛は50本から100本ぐらいといわれています。
しかし、何らかの原因によりヘアサイクルに乱れが生じると、それ以上の抜け毛がおきます。
抜け毛を防ぐ為に有効な対策は、頭皮を清潔に保つ事です。
不潔な頭皮は、皮脂や汚れで毛穴を詰まらせてしまい、髪の毛に必要な栄養や酸素がいきわたらなくなってしまいます。
そうならないためにも、低刺激性のアミノ酸シャンプーやオーガニックシャンプーで優しく丁寧に洗いましょう。
そして、生活習慣に気をつけることも大切です。
以上のことを注意しても抜け毛が減らない場合は、一度医療機関を受診するのもオススメです。
ヘアーエクステンション へあーえくすてんしょん
薄毛の悩みと言うと、以前は男性が持つモノというイメージが強くありましたが、最近では女性でも薄毛に悩む人が増えています。
というのも、男性型の薄毛だけでなく、髪というのは年齢と共に力強さを失い細くなって、頭皮が目立つようになって来るモノです。
髪のボリュームアップとして人気の方法に、植毛があります。確かに植毛は髪をボリュームアップさせるのに、有効な方法の一つですが、人工毛や他の部分の髪の毛を薄い部分に植え付ける必要があります。そのため、髪の毛は増やせるものの、頭皮に施術の跡が残ったりします。
男性ならば仕方がないと割り切れますが、女性の場合は、やはり跡が残るのに抵抗があります。それに少しボリュームが足りないという程度の人が多いので、そこでまで大掛かりな事はしたくなかったりします。そういう人は、ヘアーエクステンションでの薄毛対策がおすすめです。
ヘアーエクステンションは、頭皮に埋め込むのではなく、人工毛を髪の毛に編みこんだりして薄い部分をカバーするという方法です。ですが仕上がりが自然な上に痛みがあったり、跡が残ったりはしないです。しかも一、二ヶ月は効果が持続出来るので安心です。
ヘアスタイリング へあすたいりんぐ
ヘアスタイリングはとても大切なもので、個性やその人のイメージも決めてしまうほどに重要性があります。 特に髪の毛に悩んでいる人のヘアスタイリングはとても重要で、髪が細かったり薄くなったりするとヘアスタイルも慎重に決める様に注意する事で悩みが解消されます。
髪に原因がある人のヘアスタイリングの注意点として、スタイリング剤などの選び方や付け方などでせっかくのカットも台無しにしてしまう事もあるので注意すると良いでしょう。
髪が薄く細いのに、髪の毛を長くしてしまったりしてしまうと髪の毛の毛先の方ばかりに重みがついてしまい、頭皮にもダメージになってしまったり、余計に薄くなってしまうなど薄かった部分が目立ってしまいます。
美容師さんとのコミュニケーションで、どんな風にスタイリングをしたら良いのか相談する事で悩みも解決できます。
ヘアサロン へあさろん
女性の抜け毛や薄毛の原因は、ストレスや睡眠不足、偏った食生活、運動不足、間違ったシャンプー方法、紫外線などです。 女性の薄毛や抜け毛は男性と違って遺伝が原因の方は凄く少ないです。
ですから、対策を講じる事で必ず改善出来るのです。まずは日常生活の見直しとストレスの軽減をする事が必要です。
バランスの良い食事をし、十分に睡眠を取って下さい。そして、適度に運動しましょう。
シャンプーは必ずしっかりとすすぎましょう。
すすぎ残しは頭皮の毛穴詰まりの原因となり、薄毛や抜け毛の原因になります。
更に定期的にヘアサロンへ行き、プロにヘッドスパなどで頭皮ケアをしてもらう事をお勧めします。
ヘアサロンでの頭皮ケアは、頭皮の汚れをしっかり落とし、毛穴をキレイにしてくれます。
そして、頭皮マッサージする事で健康な髪が生えてくる環境作りをしてくれるのです。
しかも、頭皮マッサージは顔のたるみやシワの改善にもなります。是非、定期的にヘアサロンに通う事をお勧めします。
ペンタデカン酸グリセリド ぺんたでかんさんぐりせりど
髪の毛は毛母細胞で作られます。毛母細胞が活発に働いている限り、髪の毛がいくら抜けたとしても、再び生えてくるので心配する必要はありません。
ところが、この毛母細胞の活動が鈍り、休止してしまう場合があります。これは脱毛症の原因の1つとなっています。ということは、この毛母細胞をもう一度活発に働かせることができれば、再び髪の毛が生えてくるという希望が出てきます。
そこで最近話題になっているのが、ペンタデカン酸グリセリドです。
ペンタデカン酸グリセリドは休止状態だった毛乳頭や毛母細胞を刺激し、もう一度活性化させる働きがあります。そして、毛根の寿命を延ばすことができます。
ペンタデカン酸グリセリドを含有する治療薬には、薬用毛髪力 イノベート、薬用毛髪力パワージェット、薬用毛髪力 イノベートEX などがあります。

頭文字選択に戻る

現在準備中

医療用ウィッグを2点選んで 自宅無料試着

試着について詳しくはこちら
0120-959-963

お近くの店舗に
お越し下さい。